ジムニーがとうとうモデルチェンジ

先日スズキから重大発表がありました。

 

それがジムニーのモデルチェンジです。

 

ジムニーは1998年以来、一度もモデルチェンジすることなく現在に至っているわけですがそれがとうとうモデルチェンジすることになったようです。

 

次期として2018年ごろとされており、もしかしたら2017年中に行われるではないかとも言われています。

 

どちらにしても約20年目のフルモデルチェンジですので、期待大でしょう。

 

どういった車になるのかということですが、基本的な部分は現行モデルのものを継承していくそうです。

 

ラダーフレームにコイル式リジットサスペンション、そしてパートタイム4WDとクロスカントリー4WD路線は変えない方向にいるようです。

 

そしてエンジンは何とR06A型ではなく、K6A型かそれをもとにして作った改良エンジンが使われるということらしいです。

 

噂ではターボチャージャーなしのNAでも64psを発生させるのではないかとも言われています。

 

そして驚くのが、ハイブリッドシステムを搭載するかもしれないということです。

 

ハイブリッドシステムといってもスズキですからいわゆるS-エネチャージが使われることになり、あくまでの電気モーターでのアシスト機能だけということになりますが、それでもクロスカントリー4WDのハイブリッドモデルというものがどういった形で出てくるのか楽しみです。

 

ただ、やはりターボチャージャーはつけてもらいたいと思います。

 

なぜならジムニーの楽しみは悪路を走るだけではなく、チューニングするのも一つの楽しみで、ブーストアップだけで簡単にパワーアップできるターボエンジンは不可欠だと思うからです。

 

ただ、ちょっと腹立たしいのがトランスミッション、5速マニュアルトランスミッションはいいのですがそのほかにCVTモデルも作るというのです。
クロスカントリー4WDに滑りまくるCVTの組み合わせはどうかと思います。


inserted by FC2 system